リサイクルインクについて

リサイクルインクの特徴を紹介します

リサイクルインクのメリットとデメリット

リサイクルタイプにはどんな特徴があるのか

プリンターのインクを購入する際、リサイクルインクというものに興味を持っている人も多いのではないでしょうか。このリサイクルタイプのものは、プリンターメーカー以外の会社が、使用済みの純正品カートリッジを再利用して内容物を新たに補充した非純正品です。しかしカートリッジには純正品が使われているため、互換性があるということが大きな特徴だと言えるでしょう。製造する際は、使用済みのカートリッジを検査して、問題がないものだけが選ばれ、キレイにクリーニングした後に内容物が注入されるので、カートリッジそのものの品質はある程度保たれていると言えます。そしてインクに関しても、純正品の成分を分析して作られているため、純正品に近い品質のものも多くあります。

リサイクルタイプにはどんなメリットがあるのか

リサイクルタイプのメリットは、何と言っても値段が安いということです。純正品と比べると、リサイクルタイプの方が数割程度安く購入することが出来るため、印刷コストを下げることが出来ます。印刷コストというのは、家庭などで少量印刷するだけならそれほど気になりませんが、仕事等で大量に印刷する場合はそのコストを気にする必要が出てくるでしょう。純正品は品質が優れていますが、値段が高く設定されているため、ランニングコストの面で不利になってしまいます。ですのでリサイクルタイプのものは、大量の印刷をする場合など、ランニングコストを下げたい場合に向いていると言えるでしょう。そしてリサイクルタイプのものは、比較的品質が良いものも多いということもメリットです。先ほども紹介したように、カートリッジはしっかりと検査が行われていますし、インクの品質も純正品に近いと言われているため、一定のクオリティは期待出来ると言えるでしょう。さらに、リサイクルという名前の通りカートリッジを再利用したものなので、エコに貢献出来ることもメリットです。

リサイクルタイプにはデメリットもある

一方でリサイクルタイプのデメリットとしては、インクの残量が空だと表示されてしまい正確な残量が分からなくなる場合があるということがまず挙げられます。これは、カートリッジを再利用していることが原因なのですが、この問題は残量を無効化する操作を行うことによって解消することも可能です。そして、同じ非純正品である互換タイプのものより値段が高くなってしまうということもデメリットだと言えます。互換タイプは、カートリッジをリサイクルするのではなく、メーカー以外の会社が新たにカートリッジから作っているものになります。この互換タイプは、純正品の5分の1~数分の1程度の値段で購入することが出来るため、純正品の数割安というリサイクルタイプの方が高くなってしまうでしょう。

人気記事ランキング