インクを買うときの選び方

購入できるインクの種類と特徴を紹介します

インクの種類によって違うメリット

安心して使えるのが純正品のメリット

インクを買うときにはプリンターに対応している純正品を買う人が多くなっています。これは純正品を使っていると安心してプリンターを利用できるのが主な理由です。純正品とはプリンターのメーカーが製造販売しているもので、そのインクを使っていると品質を保証してもらえます。また、プリンター本体が誤動作を起こしてしまったようなときにも純正品を使っていれば保証を受けられますが、非純正品を使っていると保証の対象にはなりません。そのため、初期不良などが起こったときに無償対応をしてもらうためには純正品を使わなければなりません。ただし、非純正品に比べると純正品は値段が高いというデメリットもあります。特にたくさん頻繁に印刷する場合にはコストがネックになってしまうため、大量購入をするなどの対策を立てなければならないこともあるでしょう。

互換品は最近では使用している人が多くなっていて、オフィスなどでも利用されるケースが見られるようになっています。互換品はプリンターのメーカー以外が製造販売しているインクで、純正品よりも安いことがメリットです。複数のメーカーが互換品を作っていて、価格競争が繰り広げられている場合もあります。正規品ではないので品質が本来とは異なるものになってしまいますが、実際には遜色ない品質の印刷ができる互換品も少なくありません。互換品の販売をして良いかどうかの基準として品質というパラメーターがあるわけではないため、どのような色合いになるかは買って使ってみなければわからないでしょう。カートリッジも純正品とは違うので稀にプリンターが認識せずに動作しないこともあるので注意しなければなりません。

リサイクル品のメリットとは何か

リサイクル品は純正品のカートリッジにインクを詰めて販売されているものです。メーカーがリサイクルをしているときもあれば、他の業者がリサイクル品を製造しているときもあります。メーカーがリサイクルしている場合には使用している塗料が同じなので品質は同等になるでしょう。一方、他の業者が行っている場合には互換品と同様に同じ品質を保証するものではなくなります。その分、互換品と同じように価格が安くなっているのがメリットです。カートリッジは純正品のものなのでプリンターが認識してくれないといったトラブルが起こることはほとんどありません。ただ、繰り返し使用していると誤動作が起こりやすくなるのも確かなので、リサイクル回数が何回なのかを気にかけておく必要があります。

人気記事ランキング